SEO集客のデメリット【変動のリスクがあります】

無料で大きな集客効果の見込める手法として『SEO対策』があります。

検索上位に自分のサイトが出てくるので、必然的にクリック数と予約数が多くなります。

ただし、当然ながらこの手法にもデメリットもあります。

順位変動

常に上位表示できる手法ではありません。
「地名 エステサロン」「駅名 エステサロン」のような集客ワードでは他店との競争も起こります。

そして

  • 競合の出現
  • Googleアップデート

このようなことがあれば、検索順位が下がっていき集客効果は減っていきます。

ここ最近、特に厄介なのは「Googleアップデート」です。

Googleアップデートとは?

年に何回かGoogleの検索エンジンもアップデートされています。
この中でも「コアアルゴリズム」のアップデートが重要です。

これはホームページの採点基準を変えるようなものです。
採点基準が変われば、採点結果は大きく変わりますよね。ちなみに検索時に出てくるホームページは点数順で表示されています。

今まで検索1位にあったとしても、このような採点基準の変更により順位を大きく落とすことがあります。(上がることもあります。)

SEO依存は高リスク

Googleの検索上位を狙うSEOだけに集客を頼りすぎていると、アップデートの影響で「突然予約が来なくなった!」という危険もあります。

確かに無料でできるので費用対効果は高いのですが、それでも急な順位変動などのリスクは伴います。

特に最近のアップデートは「美容系」「健康系」のキーワードにシビアになってきています。一例としては、過剰な薬事違反のサイトが順にを下げています。

必ず複数の集客経路を作っておくようにしましょう。

今後は

SNSとオフラインの集客の強化が求められます。

インスタグラムやTwitterでの発信、電話やDMのような営業活動。
このような集客経路はこの先、大きな流入元になってくるはずです。

ちなみにSEO対策も決して終わったことではないので、継続していってください。

WEB ⇄ SNS ⇄ オフライン と、様々な集客経路が相互的に効果を高めていくようになってきています。

 

[PR] ハイパーナイフで集客

株式会社ワムのハイパーナイフ

人気の痩身マシン『ハイパーナイフ』は、ハイパーナイフを受けたい! というお客様の検索ワードに訴求できるます。

具体的には「地名 エステサロン」「駅名 エステサロン」に加え「地名 ハイパーナイフ」「駅名 ハイパーナイフ」でSEO対策できるので、集客効果が2倍になります。

 

リンク