就活に必須!効果的な自己分析のやり方

就職活動で自己分析は大切だとよく耳にはするものの、どのように行えば効果的なのかわかっていない就活生も多いと思います。忙しい就職活動の時期にわざわざ時間をかけて対策するなら、効率良く効果を出したいはずです。

今回は効果的な自己分析のやり方をご紹介します。

効果的な自己分析のやり方とは?

あなたは自己分析をどのように行っているのでしょうか。いろいろなやり方は存在していますが、どのやり方でも共通して行うことのできるコツが自己分析にはあります。

そのようなコツを実践している就活生は、大手企業やベンチャー企業、中小企業など会社の規模や種類を問わずに上手く就職活動ができている場合が多いです。

あなたもコツを意識した上で自己分析をすれば、上手く就職活動を進めることができます。

自己分析のコツである深掘りの方法

自己分析のコツは、知っていれば誰でもできる簡単なものです。

それは、自己分析をする度に、「なんで?」、「どうして?」、「具体的には?」といったように、とにかく深いところまで考えるというものです。自己分析は一つの質問に一度答えればそれで完了というわけではありません。就職活動で役に立つレベルまでもっていくためには、この深掘りが重要となってくるのです。

自己分析をやったのに、エントリーシートや面接で上手くいかなかった経験があるという就活生も少なくはありません。

その多くの場合は、この深掘りという段階までいけていないからということが多いです。とにかく深いところまで掘り下げてゆくという作業をすれば、やればやるほどに自分だけのオリジナリティあふれる魅力的な自己分析ができます。自己分析なのに、他の就活生と差別化できていない就活生は多いので、こういったところでしっかり差をつけておきましょう。

深く掘り下げて就職活動を有利に!

ベンチャー企業や中小企業では、特に深いところまで行った自己分析は役に立ちます。

それは、企業で働いている人数が少ない分、企業にピッタリの学生を採用したいと考えているからです。自己分析を効果的に行って、就職活動を有利に進めましょう。

リンク