30代からの「たるみ毛穴」はいつもの毛穴ケアではダメ

肌の悩みで必ず上位に挙げられる「毛穴」

しみ・しわ・ニキビと同様、目立つからこそ肌の悩みの対象になります。

黒ずみのような汚れが気になる方が多いようですが、30代からは「たるみ毛穴」も目立ち始めます。

たるみ毛穴とは

肌がたっぷりの水分を抱え込み、ふっくらしてとハリがあれば、毛穴はキュッと引き締まり目立ちにくくなります。

加齢に伴い、肌のコラーゲン・エラスチン繊維が減少していくと、ふっくらとしたハリを保てなくなります。すると、毛穴周辺が陥没。さらに、重力に逆らえなくなり縦長にたるみます。

毛穴だけでなく、肌のたるみによって目立ち始めるのが「たるみ毛穴」です。楕円型・涙型のような縦長に目立つのが特徴です。

たるみ毛穴のケアの注意

たるみ毛穴は通常の毛穴のケアとは違ってきます。黒ずみや引き締めばかりに気を取られていると、たるみ毛穴は進行してしまいます。

たとえば、クレンジングや洗顔で皮脂を落としすぎてしまうと、肌の保湿機能を損ねてしまい、ハリを保てなくなってしまいます。

たるみ毛穴には、外から保湿成分などを与え、ハリをアップさせるためのケアが効果的です。

メディポレーションで対策

list_img05

メディポレーションは、超音波洗浄で毛穴の汚れを落としつつ、ポレーションでハリをアップさせるための美容成分を深く浸透させられるので、たるみ毛穴も同時にケアできます。

リンク