これからのサロン集客にはOne to Oneマーケティングを意識

One to Oneマーケティング

1人1人の顧客・属性に合わせたアプローチを行う手法で、これまでのマーケティング(マスマーケティング)手法よりも反響を獲得しやすくなります。

例えば「割引クーポン」

これまではメールやDMで一斉に送っていたかもしれませんが、これだけでは反響率は今まで通り。もちろん、従来の手法でもクリスマス前やボーナス前のように「お金を使ってくれやすい時期」を狙うなどの工夫はできます。

One to Oneマーケティングではさらに反響率を上げていけます。

One to Oneマーケティングの方法

エステの「割引クーポン」と言っても、下半身痩せをしたい・体型維持・フェイシャル・リラクゼーション目的・・・と、顧客にニーズは意外と十人十色です。

このような人向けに、個別・属性別でクーポンを送っていくことがOne to Oneマーケティングです。

例え「痩身専門店」「フェイシャル専門店」と特化した店舗でも、その中でさらにニーズは細かく分かれると思います。

要するに特定の『1人』のお客様に対してアプローチしていくということ。今後のエステ経営には必須になってきます。

One to Oneマーケティングの必要性

今後はOne to Oneマーケティングは必須だと考えています。

理由は人口がどんどん減ってきているからです。

今までのように「数撃てば当たる」という理屈では、そもそもば数が少なくなってきている日本では、明らかに反響率は下がります。

このような背景から、どうやって「質を上げていくか?」に注目されてきています。

とはいえそんなに難しいことではありません。1人1人を大切にしていくという意識を持てば自ずといろんな方法が出てきます。

個人サロン様なんかは、無意識にOne to Oneマーケティングができているところが多々あります。

むしろクライアント様からも見習っていこうと思っている今日この頃でした。

 

リンク