四十肩・五十肩の症状を和らげる筋膜リリース

「四十肩」「五十肩」は医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。一般的には発症する年齢が違うだけで、どちらも同じ病気です。

一度発症すると肩を動かすだけで痛みが続く厄介な症状です。そして、四十肩・五十肩による痛みの原因の一つには、肩周辺の筋膜の癒着が挙げられています。

筋膜リリースで痛みを和らげる

癒着し、硬くなった筋膜はひっかかりを起こし、「痛み」「可動制限」を誘発します。肩周辺の癒着した筋膜をほぐしてあげるだけで、症状をかなり和らげることができます。

ただし、四十肩・五十肩を起こした直後(急性期)は、炎症がひどいので安静にしましょう。
発症から数日~数週間たって痛みが引いた慢性期から、徐々にケアを始めましょう。

根本的な治療にはならない

筋膜リリースは四十肩・五十肩の症状を和らげることはできますが、根本的な治療にはなりません。四十肩・五十肩は骨や腱、関節包などの関節の変性が根本的な原因です。(なぜ変性が起こるかは未だに解明されていません)

筋膜リリースは、あくまでもこの変性によって引き起こされた筋膜の癒着を改善し、痛みの再発を防ぐものです。

完治を望むのであれば、整形外科による処置が必要です。

ハイパーノンFクリーム

四十肩・五十肩を治そうとしたら、注射や手術などの外科的処置が伴います。ハイパーノンFクリームによる筋膜リリースとストレッチで、できるだけ再発を予防していきましょう。

マッコイと共同開発した痩身クリーム!ハイパーノンFクリーム 販売開始

 

リンク