乾燥肌からくるニキビの対策

乾燥肌でもニキビ

ニキビは脂性肌にできるものだと思っていませんか。しかし、乾燥肌でもニキビができます。もともと皮脂分泌が少ない乾燥肌ですが、どうしてニキビができてしまうのでしょうか。

ニキビができる原因

ニキビができる原因は、毛穴に皮脂がたまってつまることです。皮脂分泌が活発な脂性肌は、過剰に分泌された皮脂が毛穴につまってしまい、ニキビができやすくなっています。

乾燥肌がニキビができてしまうのは、肌のバリア機能が低下しているからです。肌のバリア機能が低下していると、肌内部の水分はどんどん蒸発します。すると角質が古く固くなり、毛穴が細く弱ってきます。たまった角質で毛穴の出口がふさがれてしまったり、毛穴が細くなることで、わずかな皮脂でもつまりを起こします。つまり乾燥肌も脂性肌と同じで、皮脂がつまってニキビができるのです。

乾燥肌のニキビ対策

ニキビ対策のポイントはバリア機能を回復させることです。保湿をすることでバリア機能の回復が促されます。
クリームは保湿力が強いのですが、クリームの油分を与えすぎると自ら潤う力が弱ってしまいます。そのため、セラミドやアミノ酸などの保湿成分を配合した化粧品でケアをします。

こすりすぎると肌の力を低下させてしまうので、化粧品をつけるときはこすらないように気をつけてください。

 

株式会社ワムのメディポレーションPro

新商品発売中!!