コラーゲンと脂の違いって何?【じつはどちらも美容には不可欠】

コラーゲンはタンパク質であり、脂は脂肪です。

コラーゲンと脂はそもそも違う栄養素になります。

コラーゲン

  • 軟骨やスジの部分に含まれているタンパク質
  • ゼラチン質状になっている部分がコラーゲン
  • 冷めた状態でもプルプルとして、白く固まらない

  • タンパク質ではなく脂質
  • 肉の脂身などは脂肪
  • 肉を煮込んで冷めた際、白く浮き上がる塊は脂肪

 

美容・健康への影響

コラーゲンは人間の体組織を維持したり、機能の役割を果たすうえで大変重要な成分であり、もともと体内にあるものです。

美容のために欠かすこともできない注目の成分です。

しかし、このコラーゲンは、年齢を重ねるごとにどんどん減少していくという特徴があり、体内の埋蔵量は落ちていってしまいます。

コラーゲンが失われていくと、人間のカラダはたくさんの機能障害をおこすことになり、関節の滑らかさや血管の形成、臓器の機能などにも支障をきたすこともあります。

また、肌にも大切な成分ですから、しわやたるみが目立つようになり、見た目よりも老けた印象を与えるような外見を作りだしてしまいます。

このように、不足することでさまざまなトラブルを起こすコラーゲンの減少を食い止めるためは、外部からの補給が非常に大切になるのです。

コラーゲン摂取にはサプリメントもおすすめ

コラーゲンお肉の筋などに多く含まれます。

コラーゲンを食品から摂取しようとすると、必然的に脂の多い牛肉や豚肉といった、いわゆる脂肪分が多く高カロリーな食べ物を多く食べなければならなくなります。

余分な脂肪やカロリーをとることにもなってしまい、ダイエット中に人には厳しい食事内容になります。

そこで、おすすめなのはコラーゲンサプリメント『DMKスティック』です。ケイ素も合わせて摂れるので、コラーゲンの吸収効率をUPしてくれます。↓

低カロリーなのでダイエット中でも安心です。

ちなみに、脂肪は摂りすぎはダメですが適切な量の摂取は美容・健康にも良い影響を及ぼします。

例えばダイエットで脂肪を極端に摂らないでいると、肌荒れや乾燥肌を招きます。

コラーゲンも脂肪もどちらも大切な栄養素だということは忘れないでくださいね!

 

ダイエット中の方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

DMK(ケイ素サプリメント)で太らずに脂質を摂取して乾燥肌対策を

2017年3月29日

 

スポンサーリンク