物販の売上が多いサロンがやっていること

物販売上

施術の売上だけだと、どうしても限界を感じてしまう。しかしスタッフが時間いっぱい施術に入っていて、これ以上施術回数を増やすことは難しい。このような理由で売上が伸び悩むサロンは少なくないと思います。

そこでサロンの売上において非常に重要になってくるのが物販の売上

いかにお客様一人当たりの単価を上げられるかになってきます。

物販の売上を上げているサロンがどんなことを意識しているのかを少しご紹介できればと思います。

まずは、商品を知ってもらうこと

最初にすべき行動は、

「商品の存在を知ってもらうこと。」

当たり前ですが、知らないモノは買えないからです。

商品をお客さまに紹介するタイミングは、いろいろとありますが、

・最初のカウンセリング
・アフターカウンセリング

のどちらか、もしくは両方。

「最初のカウンセリングで、軽くふれておく。アフターカウンセリングで、使用感を体験してもらう。」

といった流れは、どのサロンでもスムーズに物販が売れる、1つのパターンではないでしょうか?

また、ここぞという時にはPOPで紹介しておくのもいいでしょう。

とにかく、まずは商品を知ってもらうこと。

多くのサロンでは、そもそもココが抜けているから、物販が伸びません。

自信を持った紹介

様々な物販品の中で何をすすめていくかも悩むところですが、一番は自分がお客様に自信をもって紹介できるかどうかです。

例えば自分の行きつけのお店を友達に紹介する際にどういう風に伝えますでしょうか?

私の場合は、「そこのお店の何がいいか」「行ってみてどうだったか」を細かく伝えます。

純粋に、その友達に行ってもらいたい、食べてもらいたいという気持ちが強いと思います。

実際に行って良かったといってくれたらとても嬉しいですよね。

物販も似ていると思います。「自分が使っていいと思ったことをそのまま伝える」

物販で売上を上げているサロンは、そういった自らの体験談をお客様に伝えていることが多いです。

お客様にすすめると嫌がれるのではないかと思われがちですが、本当に良いと思ったものやことは人にすすめたくなるものです。そしてリアルに伝えることがお客様に響くのではないでしょうか?

物販で一番大切なこと

そもそも物販は売上のためにがんばるのではありません。

「物販って、売込みみたいでイヤなんです・・・」

という方は、ココを思いっきり勘違いしています。

そもそも物販は、「お客さまのため」です。

お客さまは、あなたのサロンで商品を購入することによって、

・サロンの仕上がりの持続
・ホームケアによる状態の改善

などのメリットを得られます。そして、あなたはプロとして、

「来店時だけでなく、次回来店までのお客さまの状態」

を、より良くするという責任があります。

そう考えると、

「サロンで商品を提案できていない。」

というのは、プロとしての責任を果たしていないのです。

 

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

DMKは痩身メニューのホームケア用品として大人気の商品です。

リンク