ハイパーナイフ

ストレスによって太ることを防ぐために日頃から気をつけること

ストレスと太ることには密接な関係があります。ストレスが溜まると、脳からはドーパミンというホルモンが分泌され、食欲を抑えられなくなったり、甘いものが食べたくなってしまったりします。

ストレスを溜めないことが一番、とは言いますが、ストレス社会とも呼ばれている現代、ストレスを感じずに過ごすことはほぼ不可能だと思います。

日頃から気をつけておくだけでも、ストレスを軽減させ、体重増加を防ぐためのポイントを紹介します。

寝る前にくつろぐ

ノルマや納期に追われ、帰宅しても仕事のことが頭から離れない。1日の始まりから終わりまで交感神経がバリバリに活性した状態で過ごしている人も少なくありません。

この状態が続くとコルチゾールが慢性的に分泌され、脂肪がどんどん蓄積されていきます。
寝る前は、何もしないでぼーっとする。好きな音楽聴く。写真集を眺める。などして、ホッとできる時間を設けましょう。

スマホや読書はインプットされる情報量が多いので避けましょう。

焦っているときほど深呼吸

呼吸は自律神経のリズムを整えるために有効なメソッドです。強いストレスを受けると交感神経の活性度も高まります。

このような状態になっている人は「浅く・速い」呼吸になっています。
一方、吸うことよりも吐くことを意識してゆっくりと呼吸を行うと、副交感神経の活性度が上がります。

焦っているときほど、呼吸を利用して意識的にストレスをコントロースしていきましょう。

吸うときの倍の長さで息をゆっくり吐くのがコツです。

食事は誰かとしゃべりながら

親しい同僚・友人・家族と会話をしながら食事をするメリットはストレス解消の他「早食い防止」にもなります。

よく噛んでゆっくり時間をかけて食事をした時と、流し込むように急いで食事をした時とではその後の消費エネルギーの量が全く違うという研究結果が出ています。

誰かと食事をすることで、ストレスを解消しつつ「時間をかけた食事」を無意識に実現できます。

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

温かくて気持ちいい痩身機器「ハイパーナイフ」
その高いリラクゼーション効果もダイエット成功の鍵になっています。