サロン集客で正しい費用対効果を計算するにはLTVを把握しよう

あなたのサロンはお客様のLTVをしっかり把握しているでしょうか。

LTVとは、Life Time Value(ライフ タイム バリュー)の略で、「顧客生涯価値」と訳されます。

新規でお客様が1人来店したとします。初回来店キャンペーンにより3000円でメニューを購入。その後、5000円のメニューを10回リピートしてくれました。。。このお客様のLTVは53000円になります。

LTVからわかる本当の費用対効果

エステサロンの広告は競合も多いためそれなりに費用がかかります。キーワードやエリアにもよりますが、新規のお客様を1人呼び込むのに5000円〜1万円はかかると考えて良いでしょう。

それでもガンガン広告を配信しているサロンは少なくありません。そして、概ね3000〜5000円のメニューを打ち出しています。

これでは費用対効果はマイナスな気もします。

決して、資本に余裕があるわけではありません。しっかりとLTVを把握しているからこそできる経営戦略なのです。

1人のお客様を呼ぶのに広告費が1万円かかったとしても、1人のLTVが10万円だとすれば、費用対効果はプラスになります。

把握しておくべき項目

最低限、以下の項目は把握しておきましょう。

新規来店からの

  • コース契約率
  • 回数券購入率
  • リピート率
  • 平均リピート回数

コースも2週間〜6ヵ月と契約期間に幅があり、回数券は10〜50回分といくつかのセットを設定していると思います。

2回目の来店(初リピート)を1とカウントし、平均何回リピートしてくれるかも記録しておきましょう。

計算の例

大雑把な例ですが、

3人に1人は30万円のコース契約ができるサロン様なら、新規来店1人に10万円の広告費までなら損をしない。

こんな計算ができます。
集客でうまくいっているサロン様はLTVを考慮した上で広告費を設定しています。

それは一見すると赤字のようなキャンペーンもあります。

ところが、長期的には売上の安定的なアップにつながっているのです。

ぜひLTVを計算し、長期的な経営戦略をしていきましょう。

 

リンク