脂性肌を防ぐ正しい洗顔方法

脂性肌で肌がべたついていると、べたつきが気になって1日に何度も洗顔をしたり、洗顔に力を入れてしまいがちです。しかし、過剰な洗顔や力を入れた洗顔は脂性肌の原因になります。

ゴシゴシ洗いはNG

肌には紫外線や花粉などの外部刺激から守ったり、肌内部の水分蒸発を防ぐバリア機能が存在しています。過度な洗顔やゴシゴシ洗いは、バリア機能を低下させてしまいます。何度も洗うと肌に存在している天然保湿因子や細胞間脂質が流出します。

また、バリア機能は物理的な力にも弱いので、ゴシゴシ力を入れた洗顔はバリア機能を破壊します。

バリア機能の回復を待つ

通常24時間でバリア機能は回復するのですが、1日に何度も洗顔をしているとバリア機能が回復する時間がありません。

その結果、肌の潤い保持成分が不足します。肌の潤い保持成分が不足して水分と油分のバランスが崩れると、潤い不足を解消するために過剰に皮脂分泌がされます。

何度も洗わない

脂性肌の洗顔のポイントは、1日に何度も洗わないことと力を入れ過ぎないことです。べたつきがひどくなければ、朝はぬるま湯洗顔にして夜だけ洗顔料を使用します。朝はメイクをしていないので、ぬるま湯だけでも汚れを落とすことができます。

洗顔料はよく泡立てて、手が顔に触れないように、こすらないように洗いましょう。

 

list_img05

メディポレーションは「ポレーション」と「イオン導入」により保水成分を直接お肌へ届けることができます。

不足しがちな保水成分を補充できれば、水分と油分のバランスを元に戻すことができます。

リンク