フェイシャルエステでシワやほうれい線は消せるの? 

シワやほうれい線のできる主な原因は紫外線や乾燥、無理なダイエット、睡眠不足、ストレス,、表情癖、栄養の偏り、喫煙や飲酒など人それぞれに違います。

エステで解消したいと思っている人も多いと思いますが、実際どんな方法があるのでしょうか?

ヘッドケアとフェイシャルエステが効果的?

ヘッドケアといえば、髪の毛や頭皮の健康や薄毛予防におこなうイメージがありますが、顔のシワやほうれい線、タルミにも効果があります。

エステサロンでもリフトアップ目的でヘッドケアを取り入れており、頭皮も顔の皮膚もつながっているという考え方がされています。

フェイスケアだけでは根本的なリフトアップができず、シワやほうれい線、タルミなどは元に戻ってしまう傾向にあります。

エステサロンで施術を受ける時には、ヘッドケアとフェイケアを一緒に受けること効果的です。

セルフヘッドケアの習慣でリフトアップ

できれば定期的にエステサロンに通い、すでにできてしまったシワやほうれい線、タルミの解消をおこないたいところですが、仕事の都合や経済的なこともあり毎日通うわけにもいきません。

家庭でも簡単にできるヘッドケアの習慣をつけると、頭皮のコリが取れ、顔のシワ、ほうれい線、タルミの予防と改善ができます。

ヘッドケアのやり方

両手の指の腹を使って頭を抱えるように指を立てて、指の腹で頭皮をゆっくりと押して、頭全体のコリをほぐします。

頭は予想以上に凝っており、たいていの人は頭皮がつまめないようです。

頭皮がつまめる人は、顔の血行も良いよい人で顔のシワやほうれい線が目立ちません。

毎日1~2分、頭皮をもみほぐすだけでシワ取り効果が望めます。

頭と顔はつながっているので、頭皮が硬くなり血流が悪くなると顔にも影響します。

頭皮がほぐれたら、耳の後ろのへこんだ所に両手の親指をあて、頭を抱え込み、上に引き上げます。

セルフフェイスケアで老廃物を流す

肩こりなどで血流が悪くなると、顔に老廃物がたまり、シワやほうれい線、タルミなどの原因になります。

長時間のスマホやパソコンの操作をすることで慢性的な肩こりが、若い年齢層にも増えています。

また、細かい字を見るために無意識に目を細めるため、目元のシワができることもあり、頬杖をつくことでほうれい線をつくることもあるようです。

シワやほうれい線は加齢によるものだけでなく、今や若い人にとっても悩みの種となりつつあります。

セルフフェイスケアのやり方

両手であごを挟み、あごの中心から口角を上に引き上げながら目尻まで手を滑らし、こめかみを軽く押し、その手を鎖骨にかけて撫でてリンパを流します。

次に、耳をグルグル回すと顔の疲れがとれ、て血流が良くなり、シワやタルミの予防になります。

まとめ

シワは年齢とともに増えほうれい線も目立ってきますがますが、エステサロン出の的確な施術やセルフケアでシワの進行を遅らせることもできます。

美しさを持続するために、自分でも日々のケアの習慣をつけるようにしましょう。

 

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

ハイパーナイフは高周波を利用した温熱マシンなので、目元への施術もできます。

血液・リンパの流れを促進し、シワ・ほうれい線のケアに効果的です。

参考:ハイパーナイフの顔(フェイシャル)での効果

 

新商品発売中!!