DMKスティックでインフルエンザ予防

インフルエンザ予防にはビタミンD

インフルエンザの予防に効果的なのは「ビタミンD」です。免疫力を高め、インフルエンザの発症を抑えてくれます。

食物としては、きのこ類や脂身の魚類に多く含まれていますが、その他の食品には少量しか含まれていないため、必要量を食事だけから摂るのは困難です。

そのため、多くの人は必要なビタミンDを日光の紫外線に頼らざるを得ません。

ビタミンDをつくる日光浴の目安時間

いくつかの機関・組織で推奨する日光浴の目安時間が紹介されています。

  • 環境省:両手の甲くらいの面積が15分間日光にあたる程度、または日陰で30分間くらい過ごす程度
  • 世界保健機構 :顔と両手・両腕に1週間に2、3回、夏季で約5~15分
  • 骨粗鬆症財団 :1日に夏なら木陰で30分、冬なら手や顔に1時間程度
  • 薬剤師会 :早朝か昼下がりに1日15分間

バラつきがありますが、おおむね1日15~30分程度がひとつの目安になっています。

1日15~30分程度「夏は短めに・木陰や冬は長めに」を目安にするといいと思います。

日焼け止めを塗ってしまうとビタミンDが生成されない

ビタミンDをつくる紫外線の波長は日焼けをする紫外線の波長とほぼ同じです。

日焼け止めを塗ったり、日傘などで日差しをよけると、紫外線がブロックされて、皮膚でビタミンDが生成されません。

例えば、SPF30の日焼け止めを塗っていると、皮下でのビタミンDの生成は5%以下に落ちてしまうということです。

そこでおすすめなのはDMKスティックです。

DMKスティック

list_img15

DMKスティックには「ハスの花エキス」が配合されています。ハスの花エキスに含まれるアルカロイド成分は高い美白効果とメラニンの生成を抑制する効果があります。

『食べる日焼け止め』とも呼ばれています。

DMKスティックで日焼けを抑えつつも、ビタミンD生成に必要な紫外線を作り、インフルエンザ予防をしていきましょう。

 

リンク