コスプレをするときの紫外線対策としては何が必要?

コスプレでは紫外線対策は必須?

コスプレをするときには野外のイベントなどの場合もあり、そういったときには日の光にずっと晒されていることになります。

夏場にそういったイベントがあるということもありますから、そういったときには紫外線対策は必須と言えるのではないか?と思います。

だから、コスプレをするときにはできる範囲で有効な紫外線対策をしていってほしいのです。

日焼け止めをメイクの前に塗っておく

紫外線対策としては日焼け止めは非常に重要となります。

日焼け止めをメイクをする前に塗っておいて、その上からメイクをすると良いと言えます。

日焼け止めを塗っておくのとおかないのでは、大分差が出る可能性がありますから、ここは忘れないでおきましょう。

日焼け止めを塗った後にファンデーションやパウダーなどをつけていくというやり方をすると良いです。

メイクに使う道具はUV効果のものを

日焼け止めを肌に塗ったら、その後はいよいよメイクをしますが、その時に使うアイテムはUV効果が含まれているものを選びましょう。

ファンデーション、化粧下地、パウダーといったものの中にはUVカット機能が含まれているものがあるので、それを選んで使っていった方が良いのです。

こういったものに関して、UVカット機能があるか?どうかは紫外線の影響を受ける度合いに関して、かなり関係しますから。

長袖の上着を着ておくと良い?

これは身体の紫外線対策になりますが、長袖の上着を衣装とは別に上から着ておくと有効です。

コスプレを披露するまではそういった対策をしておくと良いと思うのです。

暑い時期に長袖の洋服を着るというのはちょっと暑いですが、夏は半袖を着ていても暑いですし、紫外線を通さないという意味ではこういった対策は非常に重要と言えます。

食べ物

ちょっと変わった対策もあります。

紫外線対策といえば「紫外線を防ぐこと」を意識するかと思いますが、じつは食べものによって体の内側から対策することもできます。

 

DMKスティック

list_img15

DMKスティックには「ハスの花エキス」が配合されています。ハスの花エキスに含まれるアルカロイド成分は高い美白効果とメラニンの生成を抑制する効果があります。

「食べる日焼け止め」として愛用されているサプリメントです。

 

リンク