「パスタは太る」は少し間違い!低GIでダイエットに向いている

「パスタは太る」は少し間違い

パスタは好きだけど、炭水化物だから太ると思って、我慢していませんか?
でも、実はそれは間違いなのです。

確かに、炭水化物は糖質なので、カロリーは高いと思います。

しかし、人間の脳や体を正常に動かす為には糖質はとても大切なのです。

大切なのは、パスタを食べるか食べないかではなく、パスタを日頃からどうやって食べているか、という事です。
食事の時の工夫次第によっては、パスタはダイエットの強い見方になってくれるのです。

全体的なバランス

パスタを食べて太ると感じている時には、食事の時のパスタの量を見てみましょう。

パスタが中心になってはいないでしょうか?

大切なのは、パスタを食べる量です。例えば、カロリーが低い野菜や、豆腐料理をメインにして、主食であるパスタの量を減らせば、それほど体重を気にする事はありません。

まずは主食であるパスタの量を減らす食事を考えましょう。どうしても量を増やしたいという時には、白滝をパスタと一緒に炒めてかさましをするというのも、とても良い方法です。

パスタは低GI

パスタにはさまざまな種類があるものの、白米やパンなど、他の炭水化物が多い食品に比べてGI(グリセミック指数)値が低い点は共通しているという。

GI値とは、その食品が血糖値をどれだけ急激に上昇させるかを測定するための数値で、この数値が低くゆっくり体内に吸収される食品は、脂肪を作るインシュリンが分泌も抑えられて太りにくいのです。

※炭水化物のGI値一覧

食パン・・・90
白米 ・・・81
うどん・・・79
ラーメン・・・72
パスタ・・・65

味付けは、和風を心がける

パスタをダイエットに取り入れる時には、味付けには和風を意識しましょう。

パスタが太りやすいというイメージは、その味付けにもあります。生クリームやチーズというのは、とてもカロリーが高くて、パスタが太ると思われている原因は、これらの味付けにもあります。

ダイエットを意識するなら、味付けはできる限り和風にしましょう。おすすめなのは「めんつゆ」です。
パスタを炒めた時に、味付けにめんつゆを入れるだけで、簡単に和風パスタにする事ができます。

DMK(ケイ素サプリメント)

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

糖質はカラダには必要な栄養素です。「全く摂取しない」あるいは「控えすぎ」というのもNGです。

DMKは水溶性ケイ素により脂質を乳化させるので、脂肪としてカラダにつくことを防いでくれます。

 

新商品発売中!!