インフルエンザの予防接種の後にハイパーナイフは受けられない?

これからの時期、気になってくるのが「予防接種を受けた時のハイパーナイフ」ではないでしょうか?

予防接種の仕組み

インフルエンザの予防接種ワクチンは、病原性を不活化させた微量のウイルスや菌をもとにつくられています。

それを体内に入れることで免疫系に働きかけ、抗体をつくります。

いざ本物のウイルスがはいってきても症状を軽くしてくれたり、かかりにくいようにしてくれるのが目的です。

ワクチン接種後のハイパーナイフはNG

基本的にインフルエンザの予防接種の後にハイパーナイフは受けられません。

ワクチン接種後は免疫機能が、頑張って抗体をつくってくれているので、あまりリンパの流れを刺激しすぎないほうがいいでしょう。

うまく抗体を作れなかった場合、インフルエンザ予防の効果がなくなってしまいます。
過剰に免疫機能が反応し、アレルギー反応(アナキラフィシーショック)を起こす可能性もあります。

また、インフルエンザワクチンは(風邪の症状に似た)副作用もあると事がいわれていますので、そのことも踏まえて、避けておいた方が安心だと考えています。

まとめ

というわけで、残念ながら当日から1週間は念のため、ハイパーナイフは避けていただくことをおすすめいたします。

ちなみに、ハイパーナイフはリンパの巡りを良くし 免疫を高めてくれる効果があるので、風邪・インフルエンザ予防には効果的です。

 

リンク