【早食いは肥満のもと】防ぐための対策は?

昔から『早食いは肥満のもと』と言われています。

実際にとある研究結果では、「とても速く」食べる人は、「とても遅く」食べる人より体重が平均5kg以上重かったというデータもあります。

1日当たりの摂取カロリーも早食いの人ほど多く、摂取カロリー当たりの食物繊維の量は遅食いの人ほど遅い傾向がありました。

また、早食いの人ほどダイエットに取り組んだ経験も多いことがわかっています。

早食いの人が太りやすい理由

早食いの人が太りやすい理由としては、以下のようなことが考えられます。

⚫満腹感を感じる前に必要以上に食べてしまう
→満腹中枢が刺激されるまでに約20分かかりす。

⚫肥満ホルモンであるインスリンが過剰に分泌される
→消化吸収が速くなり血糖値が上昇するため、その上昇を抑えるためにインスリンの分泌が増えます。

早食いを防ぐためには

〇一口30噛み
〇食物繊維の多いもの、硬いものを食べる
〇ながら食いをしない

など、意識していきましょう。

一緒にDMKがおすすめ

とはいえ。忙しいご時世なので、どうしても短時間で食事を済ませなければならない時もあると思います。

そんな時は、一緒にDMK(ケイ素サプリメント)を摂取してください。

水溶性ケイ素が脂肪を入荷してくれるので、脂肪をカラダにつきにくくしてくれます。

スープなどに2〜3滴垂らすだけでも良いので、食事と一緒に手軽に摂取できます。

スポンサーリンク