就職活動にはお金がかかる!必要な経費と節約方法

スーツ・・・ 50000円~
靴・・・ 10000円~
カバン・・・ 5000円~
履歴書・・・ 300円~
本・・・ 1000円~

就職活動では、上記のように最低限必要なものを揃えるだけでも、それなりの出費となります。交通費や(書類などの)郵送費なども合わせると、かなりのお金を使っています。

就活が本格化すれば、アルバイトの時間も削られてしまうので、親からの援助が期待できない場合は、早いうちから資金の貯える必要があります。

借りられるもの

プレゼンにパソコンが必要な場合は、学校や友人のものを借りる。

新聞や雑誌は図書館で読むこともできます。

問題集・参考書は、じつは最新のものでなくてもいい場合があります。

特にマナーやノウハウ本は、1~2年で内容がガラッと変わるものではありません。中古でも良いですし、1つ上の先輩にもらえれば最高ですね。

YouTubeの活用

面接マナーや受け答えのマニュアルなどはYoutubeなどでも多くの動画がアップされています。

面接セミナーなどに通わなくても、それなりに勉強・対策はできてしまいます。最近では履歴書やエントリーシートの書き方まで解説しているチャンネルもあります。

意外とバカにならない教材費を大幅に節約ができます。

ケチってはいけないもの

思い切ってお金をかけたほうが良いものもあります。見た目の印象を左右する、スーツや髪型などです。

体に合わないスーツを着てしまったり、(特に男性)髪がだらしなく伸びてしまえば、印象は悪くなってしまいます。

女性の場合は、化粧に関するセミナーを受けてみるのも良いと思います。

 

就職が長引くほどこの出費は続きます。早く内定がもらえれば良いのですが、長期戦になった場合も想定して、早いうちから節約を心がけましょう。

 

リンク