ハイパーナイフとEMSの違い

ハイパーナイフもEMSも、どちらも電気を利用したエステマシンです。

どちらも痩身エステに利用されることの多いマシンですが、その効果や仕組みには違いがあります。

今回はそれぞれの違いについてお話ししていきます。

効果の違い

ハイパーナイフとEMSの効果の違いですが、

ハイパーナイフは電気によって発生した熱(ジュール熱)でカラダの脂肪を温めていく効果があります。カラダの脂肪は一定の温度にまで温まると分解が促されます。

対してEMSはカラダに電気を送って筋肉を動かし、筋トレを促すものです。脂肪燃焼、カロリー消費効果があります。

「痩身効果」という点においては同じです。

仕組みの違い

ハイパーナイフは周波数1MHzの電気をカラダに流します。(高周波マシンとも呼びます。)
この周波数は脂肪・セルライト・筋肉などの体組織の抵抗を受けることで熱が発生します。この熱「ジュール熱」を温めに応用しています。

EMSは周波数20kHz以下の電気をカラダに流します。(低周波マシンとも呼びます。)
この周波数は、筋肉を動かすときの電気信号と同じ周波数帯のため、筋肉運動を促します。
ちなみに低周波は脂肪や筋肉などの体組織の抵抗を受けないので熱は発生しません。

留意点

高周波マシンと低周波マシンでは周波数に100倍以上違いますが、これは決して「100倍効果がある」「100倍強い」という意味にはなりません。周波数はあくまでも電気の性質を変えるものです。

ハイパーナイフ→EMSで痩身効果倍増

  • ハイパーナイフ →脂肪を温める・分解する
  • EMS →分解された脂肪を燃焼・排出

「痩身効果」という点においては同じですが、痩身のプロセスが違うので、両方組み合わせることでその効果が倍増します。

ちなみに順番は『ハイパーナイフ→EMS』が理想的です。

現在の導入店様でも、ハイパーナイフを使ったメニューの多くに、EMSを組み合わせていただいています。

 

EMSなら『ハイパーウェーブ』

株式会社ワムのハイパーウェーブ

姉妹機である『ハイパーウェーブ』はEMSマシンです。
独自開発した低周波は、通常のEMSよりも深部の筋肉まで鍛えることができるので、痩身効果が段違いです。

もちろんハイパーナイフとの相性も抜群です!

ぜひ体験してみてください。

 

リンク