エステサロンで集客がうまくいかない3つの原因

エステサロンで集客がうまくいっていない場合は、以下3つの原因が考えられます。

広告媒体を間違えている

あなたは男性だとします。

最新情報をチェックするために男性雑誌を見ています。

そこに最新の化粧品の広告が載っていました。

ひとつは「20代女性のための化粧品」

もうひとつは「20代男性のための化粧品」

対象顧客によって、広告媒体は異なります。 ネットが盛んだからといって、 どんな商品でもインターネットで集客できるわけではありません。 媒体選びを間違えれば、商品やサービスがどんなに良くても、集客はできません。

キャッチコピーが悪い

あなたは男性だとします。

最新情報をチェックするために男性雑誌を見ています。

そこに最新の女性化粧品の広告が2つ載っていました。

ひとつは「20代の女性の間で喜ばれている化粧品 No.1

というキャッチコピー広告

もうひとつは「彼女へのプレゼントで喜ばれている化粧品 No.1

というキャッチコピーの広告

キャッチコピーは、反応率に大きく影響します。

ひとつの商品・サービスでも、見せ方を変えるだけで、ターゲットの層が変わります。

上の例のように、女性向けの商品が男性にも売れる可能性があります。(集客率は2倍です)

ハイパーナイフは痩身機器ですが「ボディ」だけでなく「リラクゼーション」「フェイシャル」など多彩なメニュー展開ができます。

キャッチコピーを工夫することで「痩せたい」以外にも「顔のたるみが気になる」「肩が凝る」様々なターゲット層に合わせた広告をうてます。

集客に使うサービス(商品)を間違えている

あなたは男性だとします。

最新情報をチェックするために男性雑誌を見ています。

「彼女へのプレゼントで喜ばれている化粧品 No.1」

というキャッチコピーで女性化粧品の広告が2つ載っていました。

ひとつはサプリメントで有名なA社の広告

もうひとつは化粧品で有名なB社の広告

「あなたのエステサロンで、お客様に一番予約されるサービス・コースは何ですか?」

「新規のお客様が、一番注文するサービス・コースは何ですか?」

これらの人気サービスには、人気の理由があるはずです。 その商品を前面に出すことで、反応率を上げることができるでしょう。