サロン広告の反応を上げるための広告媒体を選ぶコツ

広告媒体選びは重要です。

媒体選びを間違えれば、広告文やサービス内容がどんなに良くても、集客はできません。

どのように広告媒体を選ぶのか

Q1.「お客様は、どうやってあなたのサロンを知りましたか?」

インターネット?フリーペーパー?口コミ?看板?有力な媒体が分かれば、 まずはその媒体に特化して販促活動をしてみてはいかがでしょうか。

Q2.「あなたが今まで使ったことのない、競合の他店(他社)が使っている媒体は何ですか?」

日進月歩するSNSやWEBサービスにより、人が集まる場は日々変わっていきます。もしかしたら競合が有力な媒体を見つけ、お客様を集めている可能性があります。

乗り遅れているのであれば、 すぐにその媒体に乗り込み集客をかけましょう。

Q3.「今まで成功した広告媒体はありますか?」

信じられないでしょうが、成功しているにもかかわらず、 広告を止めてしまう場合があります。

それは、広告主が飽きることで、上手くいっているにも関わらず広告を止めてしまったり、内容を変えてしまうのです。

 

これは、本当に多いです。 原因は、結果を計測していないからです。 正しい広告の出し方を知っている人は、 成功した広告を反応が落ちるまで使い続けます。

過去に成功した広告があれば、もう一度試してみてください。以前は反応が良かった広告でも、使い続けていたら反応が落ちてしまう場合があります。

広告の反応が落ちる3つの原因

1. 広告を見るお客様のほとんどを集客してしまい、反応がなくなる。

→時間が経てば反応が戻る場合があるので、時間をおいてから、再び広告を試して見ましょう。

2. 競合が出てきて、お客様を取られている。

→この場合は広告文を改善して、取り返しましょう。この時、競合とは違う切り口で宣伝することがオススメです。

例えば、競合が「痩せる」「体重が落ちる」ことをPRしているのなら「部分痩せ」「スタイルを良くする」など、同じような内容でも、違う価値を伝えていくことを意識しましょう。

3. サービス自体が飽きられてしまい、反応が下がってしまう。

→違うサービスで集客を考えるしかありません。 特に、サロンのニーズは季節によっても変わります。

しっかりとデータ分析をして、その時期にあった広告媒体、広告の打ち出し方をしっかり見極めましょう。

リンク