人事が考える。就活における自己分析の必要性

ミスマッチ防止

人事・採用担当として就職活動で最も避けたいのは企業と学生さんとのミスマッチです。
新卒で入社した学生さんのうち3割の方が、3年以内に会社を辞めています。近年では、1年未満に会社を辞めてしまう方も増加傾向です。

辞める理由は様々ですが、やはり多いのは「働いてみて自分に合わないことがわかった」というミスマッチです。

互いに損する事態を避ける

人事としても、せっかく新人研修を終えて「これからだ!」というときに、ミスマッチを理由に辞められてしまうのは痛手です。

また、学生さんも「新入社員」という貴重な成長期間を無駄にしてしまいます。このような、お互いに損する事態を避けるためにも、自己分析はとても大切です。

  • 自分はどのような人間か
  • これからどのような人間になりたいのか

これを自己分析によって深く理解した上で、自分にあった仕事を選択していく必要があります。

面接対策に役立つ

面接においても「私は明るく積極的な人間です」などと、誰にでもあてはまる返答を素直には受け取れません。

「自分の言葉による説明」を一つでも多く見つけるためにも、自分のことを深く掘り下げていく必要があります。

余談:仕事でも活きる

就活には関係ない話ですが、自己分析は、実際の仕事(入社した後)でも役立ちます。

もちろん「自己分析しろ!」と社内で呼びかけているわけではありませんが、仕事のうまくいっている人は、定期的に仕事の振り返りをし、自己分析をし続けています。

【リンク】

株式会社ワムの採用情報はこちら

 

スポンサーリンク