プラセンタ注射に使うプラセンタの種類と効果について

メジャーな品質の豚プラセンタ

プラセンタは最近女性の美容目的で注目されてきていますが、これは基本的に動物の胎盤を利用しています。胎盤の豊富な栄養素が女性の美容や健康に良い効果をもたらすのですが、メジャーなものとしては豚プラセンタがあります。特にコストパフォーマンスが良く、値段も手頃なので日本でも人気があるのがこの豚プラセンタです。

豚は一度に10匹の赤ちゃんを出産をするので胎盤が大きく、そのために大量にプラセンタを採取することが可能なのでその分お求めやすい価格となっているのです。

やや高品質な馬プラセンタ

動物性のプラセンタには色々な種類がありますが、豚の次にメジャーなものとしては馬プラセンタがあります。他のプラセンタよりも豊富なアミノ酸を含むために高品質なプラセンタとして人気がありますが、その分お値段や豚プラセンタと比べるとやや高めになってしまいます。

実際に馬プラセンタに使われる品種はサラブレッドであることもあり、栄養面でも高い品質となっているのでハイレベルなものを求めているのならば、馬プラセンタを選ぶのもいいでしょう。

羊プラセンタなども海外では使われます

日本では豚プラセンタや馬プラセンタが主流なのですが、海外では羊プラセンタなども結構多く使われています。

狂牛病などの問題から日本では羊自体の輸入数が少ないのですが、羊プラセンタの特徴としては人間の身体に馴染みやすいという点があり、海外では安全性も高いとされており人気のプラセンタになっています。

羊自体も免疫力が高く病気になりにくい品種となっているので、安全性という点では使いやすいプラセンタとなっているのも選ばれる理由でしょう。

海洋性や植物性プラセンタも

プラセンタは本来動物の胎盤を利用するのですが、似た成分を抽出した海洋性プラセンタや植物性プラセンタなどもあります。

もちろん、本物の胎盤を持っているわけではないので、擬似的な成分となるのですが豊富なアミノ酸やコラーゲン・各種ビタミンなどを豊富に含むので女性の肌や健康に良いとされています。

動物と違って成長因子を含まないという点がデメリットですが、色々な美容効果を期待できるので既存のプラセンタでは効きが感じられないと思ったら検討してみるのもいいでしょう。

DMKスティック

DMKスティック(ケイ素サプリメント)

DMKスティックは、豚の生プラセンタを使った食べるサプリメントです。「生プラセンタ」は通常のプラセンタと比べ、有効成分に数十倍もの差が出るという報告もあります。

さらに、DMKのケイ素により、体内への吸収を促進してくれるので、効率よくプラセンタの有効成分を取り入れることができます。

さすがに注射ほどではありませんが、食べるタイプのプラセンタとしては最高の効果を発揮するサプリメントです。

ぜひ、試してみてください。

 

スポンサーリンク