プラセンタ注射の価格はどれくらい?保険は適用される?

プラセンタ注射は保険が使えるのか?

プラセンタ注射をするうえでは保険が使えるか?どうかというのは非常に気になるところでしょう。保険が使えないと、それだけ価格が上がってしまいますから。

プラセンタ注射に関しては美容目的の場合には保険が使えません。したがって、美容目的の治療のつもりでプラセンタ注射を希望している人にとっては、保険は使えないということで覚えておきましょう。

つまり、全額負担をしないといけないということになります。それだけお金がかかるということなのです。

美容目的以外のプラセンタ注射の場合

病気を治療するときにもプラセンタ注射が使われることがあるのですが、そういったときには保険が使えます。つまり、全額負担にはならないということなのです。

例えば、更年期障害の治療にはプラセンタ注射が使われることがあり、こういったケースでの使用には保険が適用となるのです。

それ以外にもプラセンタ注射をする際に保険が使えるケースは結構ありますが、基本的には身体の病気に関する治療に限られますから、そこは覚えておきましょう。

プラセンタ注射の価格はどれくらい?

プラセンタ注射をする際の価格はどうなっているのか?というと、多くのケースでは美容目的で使用されると思うのですが、そういったケースでは1回あたりは1000~3000円程度を想定しておくと良いと思います。

保険が使えないので、このくらいの価格になるわけですが、割と幅があるので、必ずしも高いと感じるか?は分かりません。

相対的に安いケースもあるので、クリニックの選び方によってはプラセンタ注射の費用を抑えられるのです。

プラセンタ注射は継続的にお金がかかる

ただ、プラセンタ注射は1回打って終わりではなく、一定期間は継続していくケースが多いです。というのも、プラセンタ注射は効果の持続性が限定的で、利用をやめるとすぐに効果が実感できなくなってしまうからです。

したがって、定期的にプラセンタ注射を受けることにより、効果を持続させることができるので、1回あたりの費用が定期的にかかるということになります。

だから、美容に特に関心がある人の場合には長期的に利用することになると思いますから、トータルで言えば結構な費用がかかることになるので、プラセンタ注射を利用する際にはそこは知っておきましょう。

DMKスティック

DMKスティック(ケイ素サプリメント)

DMKスティックは、食べてプラセンタを摂取できるサプリメントです。グレープフルーツ味で美味しく食べられるので、無理なく続けられると好評です。

DMKのケイ素により、体内への吸収を促進してくれるので、効率よくプラセンタの有効成分を取り入れることができます。

さすがに注射ほどではありませんが、食べるタイプのプラセンタとしては最高の効果を発揮するサプリメントです。

 

スポンサーリンク