中年太りの原因は褐色脂肪細胞の減少にある

脂肪を燃焼させエネルギー生成を行う「褐色脂肪細胞」

この褐色脂肪細胞は、中年と呼ばれる30〜50代になると減少していきます。中年になると脂肪がつきやすくなる原因として考えられています。

褐色脂肪細胞と年齢

褐色脂肪細胞の多いうちは、筋肉量が少なくても高い基礎代謝を維持することができるので、あまり運動をしなくても体型の維持ができました。たとえば、骨格筋の少ない赤ちゃんは、褐色脂肪細胞でエネルギー生成を行っています。

大人になると骨格筋でエネルギー生成を行えるようになるため、褐色脂肪細胞は減っていきます。つまり、年をとると若い頃と同じ運動量では十分なカロリー消費を行えなくなります。

これがいわゆる「中年太り」の原因です。

30代になったら運動を

褐色脂肪細胞は30代を境にいっきに減少し始めます。この年代になってくると、運動する暇がない、食事の時間が遅くなる、飲み会が続くなど、太りやすい生活環境になってきます。

さらに40代になると、褐色脂肪細胞の量は半分になってしまいます。

中年よ呼ばれる年齢(30〜50代)になってきたら、これまで以上に食事に気を使う・運動習慣をつけることを意識しましょう。特に、運動を習慣化するには早めに取り組むことが大切です。

(参考:褐色脂肪細胞を活性化させる5つの方法

 

残念ながら、加齢による褐色脂肪細胞の減少は防ぐことが困難です。しかし、筋肉量を上げることで基礎代謝を維持することはできます。

ハイパーウェーブで基礎代謝UP

株式会社ワムのハイパーウェーブ

ハイパーウェーブは、通常の筋トレでは鍛えにくい、インナーマッスルを鍛えることができます。基礎代謝を維持していきましょう。

スポンサーリンク