更年期障害の症状を緩和する効果があるアロマオイルの種類

更年期障害は、40代後半から50代にかけて多くの人が経験します。

ほてりやのぼせといった症状から、頭痛や肩こり、うつ状態まで人によって様々ですが、
原因は女性ホルモンの乱れと言われています。

この時期に精神的な悩みやストレスが重なると、症状が重くなる人もありますが、症状に応じたアロマオイルを使って全身のボディケアをおこなうと、ホルモンバランスを整えることができます。

更年期症状を和らげるアロマオイル

更年期症状を緩和する目的でエステサロンで施術をおこなう場合は、不快な症状を告げて、それに合ったオイルを使ってケアしてもらいましょう。

【症状別:効果があるアロマオイルの種類】

  • ぐっすりと眠りたいときには、ラベンダー、カモミール、ベルガモットなど
  • 眠気を取りたいときは、ローズマリー、レモングラス、ペパーミントなど
  • 冷えを取りたいときには、ゼラニウム、イランイラン、クラリーセージなど
  • イライラするときには、マンダリン、サイプレス、サンダルウッドなど
  • うつ気分のときには、ローズウッド、ジャスミン、オレンジスイートなど

まとめ

エステサロンでは、アロマオイルを用いたリラクゼーションエステに人気がありますが、

家庭でもお気に入りのオイルを用いてマッサージをすると、リラックス効果が得られます。

関連:自分でできるホルモンバランスを整える方法3選

 

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

ハイパーナイフでお腹周りや子宮の周りなどを集中的に温めた後、子宮・骨盤・お胸へのマッサージを併用します。

お腹・子宮まわりの血行を促進させることで、神経細胞に十分な血液を届け、自律神経の働きを正常に整えることができます。

参考:ハイパーナイフの50代女性への効果

 

スポンサーリンク