ハイパーナイフ

病気からくる肩こりの特徴と考えられる疾患

肩こりには重大な病気が原因になっているものもあります。

肩こりを併発することがある内臓疾患

【心臓病】

狭心症や心筋梗塞では、肩付近に痛みやだるさを感じることがあります。特に左側の肩や背中、胸付近に痛みが見られます。

【肝臓障害】

肝炎などの肝臓障害があると、肝臓の上の横隔膜が刺激され、肩の動きに影響が出ます。右の首部分から肩の後ろにかけての痛みも見られます。

【胃腸障害】

下痢や便秘など胃に不調があるときも、肩こりや肩甲骨の間の痛みが見られることがあります。

【肺の病気】

肺結核や肺膜炎になると、咳やだるさ、微熱などの症状が起こりますが、初期症状として肩や背中にこり、だるさが出ることがあります。

チェックポイント

肩こりの対策を続けていても、いっこうに症状が改善されない場合には「病気」の可能性を疑ってみることも必要です。

ただの肩こりと思っていたために、病気の発見が遅れてしまったケースもあります。

次のような症状があれば、病気の兆候があるので注意しましょう。

  • 肩こりの対策をしても全く改善しない、あるいは痛みが増す。
  • 首や肩の痛みとともに、めまいや動悸、手や指・足先に痺れがある
  • 手や指を使う作業がしづらくなったり、掴んだものを落としやすい
  • 首・肩の痛む場所が一定せず、漠然としている
  • 胸部や腹部の内臓痛を伴う
  • 夜間や朝方など、特定の時間帯に目立って痛む

肩こりとともに上記のような症状があらわれたなら、病院(内科)で診断しましょう。

ハイパーナイフ

株式会社ワムのハイパーナイフ

病気でない肩こりは、そのほとんどが筋肉疲労が原因です。筋肉をほぐし血行を促進するハイパーナイフがおすすめです。