成分・泉質でここまで違う!美容に効く温泉の種類とは

温泉の美容効果

温泉は、絶えず源泉が注ぎ込まれる熱循環の仕組みにより、お湯が冷めにくく体が芯から温まります。

体が温まれば血行が良くなり、酸素や栄養の供給が活発になります。

栄養素がお肌へ届きやすくなるので、美容効果があるとされています。また、温められた肌は代謝も活発になるため、ターンオーバーが正常化していきます。

温泉は含まれる成分や比率によりたくさんの種類があります。場所や地域によってもその特徴は異なります。

泉質別に見る温泉の美容効果

【酸性の温泉】

酸性の温泉は皮膚病の治療などにも利用されることがあり、古い肌を剥がして新しい肌に刺激を与える効果もあります。殺菌力が強い泉質なので、肌の弱い人にはあまり向かないと考えられています。

【アルカリ性の温泉】

お肌がスベスベになると言われているアルカリ性の温泉です。皮膚の角質を柔らかくするため、お肌をなめらかにする効果が期待できるので、「美人の湯」と謳われます。

【硫黄の温泉】

硫化炭素ガスが含まれ、白濁とした色のお湯と卵が腐ったような匂いが特徴です。殺菌作用に優れており、ニキビや吹き出物にも効果があると言われています。皮膚炎や外傷にも効果がある治癒の湯です。

【塩化系の温泉】

海水の成分に近い食塩(ミネラル)を豊富に含む温泉です。湯上り時にも肌についたミネラルが発汗を抑えてくれるので、保温・保湿効果が高いと考えられています。

自身にあった温泉に浸かって、秋の湯上り美人を目指しましょう!

注意点

美容に効果があるからといって、あまり長時間温泉に浸かりすぎないようにしましょう。脱水症状などを起こしてはかえって体に悪いので、無理のない範囲の時間で温泉を楽しむようにしたいですね。

ハイパーラドンマット

岩盤浴マット ハイパーラドンマット

ハイパーラドンマットは、本物の岩盤浴と同じ水準の遠赤外線により体を芯から温めます。皮脂腺から老廃物を排出し、新陳代謝を向上させるので、美容にも健康にも効果的なヒートマットです。

スポンサーリンク