ハイパーナイフとセルフマッサージでセルライトを除去!

ハイパーナイフは下半身(太もも・ふくらはぎ)のような施術しづらい部位にもしっかりとアプローチできる痩身機器です。

一回の施術でもセルライトケアには十分な効果を発揮しますが、セルフマッサージを組み合わせれば、その効果をさらに伸ばすことができます。

マッサージにおすすめのタイミングは?

マッサージを行う時は、血流が良い方がより効果がでやすくなります。体が温まった状態でマッサージをすると、老廃物や水分が流れやすくなるためです。

そのため、入浴中や入浴後にマッサージをするのがおすすめです。

セルフマッサージの注意

入浴中にマッサージを行うと、汗をかきやすくなります。こまめな水分補給をして脱水症状に気をつけましょう。

また、マッサージにより血流が良くなる反面、これは「のぼやすい状態」でもあるのであまり長い時間マッサージをしないようにしましょう。

マッサージの強さ

強さに関しては、あまりにも痛いと感じる場合は決して無理をせず、気持ち良いと感じられる程度でとどめるようにしてください。

ハイパーナイフを受けた日もやるべき?

当日にセルフマッサージを行っても良いでしょう。

ただし、寝ているだけとはいえ、ハイパーナイフはかなりのエネルギーを消費させる施術です。

なんとなくダルさが残っている感じがするなら、ハイパーナイフを受けた当日のセルフマッサージは避け、ゆっくり休みましょう。




マッサージのやり方

セルライトを効果的に除去するためには、マッサージの順番がとても大切です。下記の流れを参考にしながら、実施してみてくださいね。

【 1:足の裏全体をマッサージする 】

まずは足の指を1本ずつ開き、ゆっくりと手の指でもんでいきます。

次に、両手の親指を使って、足裏をしっかりと指圧していきます。固くて指が入っていかない場合は、握り拳を作って全体を押していきます。

全体がもみほぐせたら、片方の足も同様に行って下さい。足裏全体をもみほぐすことにより、下半身の血流がより改善しやすくなるため、時間をかけてしっかり行いましょう。

【 2:ふくらはぎから膝にかけてマッサージをする 】

人差し指と親指でVの字をつくり、アキレス腱からひざにかけてもみ上げていきます。

特にふくらはぎは老廃物がたまりやすいので、意識しながら4~5回ゆっくりと優しくほぐしてあげてください。

次に、ふくらはぎの中心に手のひらをあてて、さするように優しくもみほぐします。

こちらも、4~5回ゆっくりと繰り返します。

その後、両手を足首に添えて、足首から膝にかけてもみながらスライドさせていきます。

ぞうきんを絞るようなイメージで行うと良いでしょう。4~5回繰り返したら、反対の足も同様に行います。

【 3:太もものマッサージをする】

最後に、太もものマッサージを行います。

太ももは脂肪や筋肉が集中しているため、力を加えると痛めやすい場所です。力を入れ過ぎないようにし、優しくつまむのがポイントです。

太ももを両手ではさみ、交互にもみほぐします。膝から脚のつけ根にかけて、ゆっくりと行いましょう。4~5回ほど丁寧に繰り返して下さい。

最後に、特にセルライトが気になる部分をつまみ、もんでいきましょう。反対の足も、同様に行います。

ハイパーシェイプ

list_img02

短期間で確実な効果を出すなら「ハイパーシェイプ」がおすすめです。

吸引とローラーで強力なマッサージを行い、皮下の落としにくい脂肪(セルライト)を集中的に落としていきます。

せっかくお金を払うなら、確実に効果のでるマシンを選びましょう。

参考:ハイパーナイフとハイパーシェイプで強力なセルライトケア

 

スポンサーリンク