医療クリニックとエステサロンの脱毛はどう違う?

医療クリニックはでレーザー治療、エステサロンでは光(フラッシュ)脱毛が中心です。

それぞれメリットやデメリットがあり、半永久的に脱毛効果を得たいなら医療機関での脱毛が適しています。

エステサロンでおこなわれる光脱毛では、完全に脱毛することは不可能ですが、痛みがともなわないのが特徴です。

医療クリニックでは脱毛 エステサロンでは除毛

医療クリニックでレーザー治療を受けることを脱毛、エステサロンで光(フラッシュ)脱毛を受けることを、除毛または減毛といいます。
最近ではエステサロンでも「脱毛」という言い方が一般的ですが、脱毛と除毛の違いを知っておくことは大事です。

医師が常駐する医療クリニックなどでおこなう脱毛は、強力な医療レーザー治療のため長期にわたって脱毛効果が得られます。

一方、エステサロンでは、低出力のレーザー機器を用いて施術するため、効果を得るまでにある程度の期間がかかります。

医療クリニック治療とエステ施術の違いとは?

一般的に医師が常駐している医療クリニックでおこなう脱毛は治療、エステサロンでは、治療ではなく施術と言います。
どちらも同じように黒いメラニン色素をめがけて光を照射し、毛根細胞にダメージを与えておこないますが、医療機関でのレーザー照射では高出力のため脱毛が可能で、出力の弱いエステサロンでは脱毛はできません。

医療機関での脱毛とエステサロンの減毛の違いは、照射パワーの差にあります。

法律上、医師が在中しないエステサロンでは、長期にわたって効果のある脱毛はおこなってはいけないことになっており、低出力のマシンが使われています。
そのため、エステサロンでの施術は、医療機関での治療に比べて施術回数も増え、期間も長くかかってしまいます。

医療クリニックとエステサロンの料金の違いについて

例えば、医療クリニックで全身脱毛のレーザー治療を受けた場合、1回あたり約6万円くらいのようです。
エステサロンだと1回あたり1万円くらいですが、全身おこなうには最低でも12回は受ける必要があり、期間も2年は必要と言われています。

脱毛にかかわる医療機関には、皮膚科や美容外科、美容クリニックなどがあります。

それぞれ名前は違っても、脱毛は医師がおこなう医療行為なので大きな違いはありませんが、それぞれの医療機関で使われている脱毛マシンに違いがあります。

エステサロンでも医療機関と同じように、各サロンで導入されているマシンに違いがあります。
最新式のマシンなどを取り入れている医療機関やエステサロンは、料金も高めのようです。

まとめ

医療機関で脱毛の治療をおこなう場合も、エステサロンで除毛の施術をおこなう場合も、「二度と毛が生えてこない」というイメージがしますが、実は永久ではありません。

「永久脱毛」とは「脱毛終了時から1ヵ月後に生えたムダ毛が20%以下」という定義があるそうです。

その辺のところを理解して、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

 

DMKスティック

DMKスティック(ケイ素サプリメント)

脱毛後に気になる「肌荒れ」のケアにはDMKスティックがおすすめです。

コラーゲン・プラセンタなど、豊富な美肌成分により、脱毛による肌トラブルからの早期回復を促します。

 

スポンサーリンク