キャビテーションにはどのような効果があるのか

脂肪細胞に働きかけるキャビテーション

美容に関する多くのサロンでは、キャビテーションという施術を行っています。

キャビテーションにはどのような効果があるかというと「減量」です。

体脂肪率などが気になっている時には、前向きに検討してみると良いでしょう。

なぜキャビテーションによって痩せられるかというと、体の中にある脂肪細胞に働きかけてくれるからです。直接的に脂肪細胞を減らしたい時には、検討してみる価値はあります。

減量に関する効果が期待できる

当然ですが、人間の体内には多くの脂肪細胞が存在します。人によってはその細胞の量が多いので、ややお腹が出てきてしまう事もあるのです。

ところでキャビテーションは、特殊な機械を使って超音波を照射していきます。もちろん美容サロンの担当者が、超音波を当ててくれる訳ですが、それが脂肪細胞の内部に働きかけてくれる訳です。

それで細胞の量が減少して、効率的に減量できるという効果があります。なぜなら超音波が細胞内の気胞に働きかけるからです。

気泡で刺激し細胞を減少してくれる

脂肪細胞の中には、必ずと言って良いほど気泡がありますが、超音波がそこに刺激を与えます。

すると外部から刺激を受けた気泡細胞は、自然と割れるのです。それで気泡自体は気化した上で、脂肪細胞が減少してくれるワケです。

つまりキャビテーションの超音波が、脂肪細胞を破裂させるようなイメージになります。破裂すると言っても、体に対して悪影響がある訳でもありません。

体に対して大きな害を及ぼさずに、減量を促進してくれる効果があるのが、キャビテーションなのです。

 

ハイパーナイフとキャビテーション

株式会社ワムのハイパーナイフ

ハイパーナイフは脂肪を小さくするための「温め」と「揉みほぐし」を同時に行うことができます。またバイポーラ方式のため、キャビテーションと同じく、二の腕や太ももなど部分施術が可能です。

ハイパーナイフとキャビテーションは部分痩せもできる痩身機器ですが、その仕組みは全く違います。しかし、この二機の組み合わせは相性抜群です。

参考:ハイパーナイフでキャビテーションの効果の持続性を高める

 

 

スポンサーリンク