カロリーゼロは太る?人工甘味料はダイエットに危険

ダイエット中に必ず目がいってしまうカロリーゼロの表記。

たしかにカロリー(糖質)はないので、太ることはありません。

しかし、太りやすくなります。

人工甘味料

カロリーゼロの商品には、舌に触れると甘みを感じる化学物質「人工甘味料」が使われています。

  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • サッカリン
  • アセスルファムカリウム
  • ネオテーム

が主なものです。今度、成分表示を確認してみてください。

人工甘味料で太りやすくなる

人工甘味料は自然界には存在しない化学物質です。カラダの栄養にもなりません。そのような物質が体内に入ると、カラダは異物として体外に排出しようと働きます。

この間、肝臓や腎臓は異物の排出にエネルギーを使うので、脂肪や糖質の分解などの機能が制限されてしまいます。

このように肝臓の機能が機能が下がっている時に、食事をしてしまえば、いつも以上に食べ物の分解が疎かになります。

結果として、太りやすくなります。

ガムやタブレットも注意

この人工甘味料はガムやタブレットにも含まれています。特にタブレット(ミンティアなど)は人工甘味料をはじめ化学食品の塊です。

また、コンビニのおにぎりやお弁当に使われている食品添加物(防腐剤や着色料など)も、肝臓を酷使します。

まとめ

カロリーゼロは太るというより、太りやすくなるというのが正確なところ。

どうせならカロリーゼロを!
知らず知らずに太りやすい体内環境になっています。

 

DMK

株式会社ワムのDMK(ケイ素サプリメント)

ケイ素のデトックス効果で、有害な物質を排出しやすくすることで、肝臓にかかる負荷を減らすことができます。

肝機能が万全なら、糖質や脂肪の分解も活発になり、太りにくい体内環境を作ることができます。

 

スポンサーリンク